キョウエイセイサクショ

株式会社協栄製作所

【業種】 輸送用機器

【募集対象】 大学院大学高専

オーレ君SJCナビ限定情報

最新情報

もっとPR

製品開発 (二輪と四輪のサスペンションアーム関連)・製品開発と評価技術

オートバイ、自動車のサスペンションの開発で求められるものは、
走安性能(乗り心地)や燃費向上の為の軽量化などです。

高強度鋼板やアルミニュウムを使った開発、設計にて優れた鋼性バランスと軽量化を計り、しかも低価格にて提供する製品設計に高い評価をいただいてきました。

また、品質には構造解析と独自の機能評価技術にて安心できる
商品を提供しています。


生産技術と製造・生産技術力と製造管理力

塑性加工技術と溶接加工技術を独自のノウハウで融合させ
製品を具現化する生産技術力と製造原則活動による管理体制で
品質保証された製品を量産させていただいています。


海外拠点・ベトナム工場
 
東南アジア・欧州・北米の二輪と四輪メーカーへの部品供給地として、ベトナムに協栄ベトナム(KMV)を設立。

昨年で10周年を迎え、従業員は1,000人を越えました。さらなる発展を目指して、第2工場が昨年立ち上がり操業を開始しました。


当社の自慢

(1)協栄製作所は独自の金属加工技術をベースに、次々と新たな技術分野への挑戦を続けています。

  
(2)アルミ溶接技術については、ナムコのゲーム機部品、新幹線のシートフレーム、JRの工事用「軽量アルミトロ」、
 四輪自転車「けんきゃくん」など量産生産にこだわらず、いろいろな分野に挑戦、拡大中です。

(3)2004年度、ベトナムに協栄ベトナム(KMV)を設立。
 東南アジアにおける2輪、4輪メーカーへの部品供給を積極的に展開しています。
 現在では、従業員1,000名を越え、昨年9月には第2工場が完成、操業を開始しました。.

会社データ

企業理念 当社は、創業以来「より高度な技術を通じて、社会に貢献する」を基本理念とし、「理想のモータリゼイションの社会実現」のために、企業の全エネルギーを注いでまいりました。
そのプロセスで生まれた当社独自のテクノロジーと蓄積した技術ノウハウで、お客様のニーズに対応してきました。
そして、今後も世界的な視野に立ち、「昨日よりも一歩前進したテクノロジーで仕事に臨む」のスローガンのもと、あくなき挑戦を続ける企業活動を展開していきたいと考えます。
事業内容 ★自動車及びオートバイ等のサスペンション部品などの開発・設計・加工を手掛ける製造会社です。

★プレス、溶接、切削、仕上まで一貫した生産体制にて、各社の協力工場として、より良い品質を目標に、
 ムダのない高い生産能力を駆使して、幅広く活躍しております。

★その他、鉄道用軌道機材の開発設計製作、また最近では四輪自転車の開発・製造に着手。
 当社の長年つちかったアルミ加工技術を最大に活かし、国内・国外に広く喜ばれる製品を送り出しています。.
設立 1959年9月
資本金 4,000万円
売上高 136億円(連結)2016年3月
従業員数 261人(男230人 女31人)
平均年齢 42歳
代表者 代表取締役 石川 泰博
本社所在地 〒435-0026
浜松市南区金折町1417-10
事業所 (工)浜松市中区竜禅寺
(工)浜松西事業所(2017年5月~)
(工)磐田市福田(~2017年5月)
関連会社 協栄ベトナム(ハノイ市)

お問い合わせ・連絡先

株式会社協栄製作所
総務グループ/久保田、鈴木
〒435-0026 静岡県浜松市南区金折町1417-10  【地図】
TEL:053-425-2511
E-mail:kubota_h@kyoei-seisaku.co.jp

PAGE TOP ↑