シズオカの輝く仕事発見!【企業編】
シズオカの輝く仕事発見!【人物編】 新倉工業 営業部の先輩
シズオカの輝く仕事発見!【企業編】
本社 〒424-0844 静岡県静岡市清水区西高町5番14号
業種 その他のサービス
事業内容 機械警備、施設警備、交通誘導警備、貴重品運搬警備、防犯機器販売、信書便・配送業務
設立 昭和52年4月
資本金 2,000万円
売上高 19億1934万円(2015年8月実績)
従業員数 415名(男性354名 女性61名)
代表者 代表取締役社長 太田 秀世
◆現在の業務内容、面白みや魅力
近藤
三島営業所の三島待機所に詰め、「機械警備」の仕事をしています。通常は2名で待機。お客様の建物に設置してある防犯・火災センサーやコインパーキングの精算機等、異常を知らせるセンサーが鳴ったら現地に向かい、トラブルの原因を調べ対処します。日によって出動件数は様々ですが、駐車場利用が増える時期は精算機トラブルも多くなります。
ひとことでトラブルと言っても、その内容は多岐にわたります。そのトラブルごとに合った対処をする必要があるので、臨機応変に対応しなくてはなりません。どうすればよいのかわからないことも多々ありますが、そんなときはたくさんの経験を積んだ先輩に教えてもらいます。初めはわからなかったことが「こういう時はこうすればいいんだ」と気付けると、とてもうれしく思います。

◆大変だった事
大変だったことの一つは、車の運転です。運転免許は持っていましたが、学生時代は車を所有していませんでしたし、三島の地理も詳しくありませんでした。それでもセンサーが鳴ったら、すぐに向かわなくてはならないので最初は少し不安でした。
また、行ってみないとどんなトラブルなのかわからないので、常時気が抜けません。
以前、トラブル発生のセンサーが鳴ったため現場に駆け付けたものの、トラブルが発生した機械の場所も暗証番号も分からず困っていたところ、先輩に見つけてもらったことがありました。その後、同じような工場に行ったとき、その後の経験から「この辺りにあるのでは」と予測できるようになり、対処のスピードをあげることができました。
近藤
◆心掛けていること
自分の見落としなどで新たなトラブル事案を生み出す可能性もあるため、多少時間はかかっても念入りに調べ、対処するよう心掛けています。
一度だけ、報告書に記載ミスをしてしまったことがあり、周囲の人たちに大変迷惑をかけました。それからは細心の注意を払うようにしています。
◆職場の雰囲気
先輩方とは年齢は少し離れていますが、とてもフレンドリーに接してくださいます。わからないことがあればすぐに質問できる雰囲気なので、非常に助かっています。「大変だった事」でも挙げましたが、とにかく地理に疎かったため、道を覚えるのも一苦労でしたが、先輩から教わることで不安も解消しました。
仕事以外でもよくしていただき、数カ月に1度くらいのペースで食事に行くこともあります。
近藤と先輩
◆就活生へのメッセージ
加藤 就職活動が始まると、意外に視野がせまくなりがち。行き詰まってしまったら、一度原点に戻ってみて、ひとつの考えにとらわれることなく別の視点でも探してみることが大切なのではないでしょうか。
私自身、就職活動中になかなか内定が取れなかったのですが、「機械警備」という仕事を初めて知り、おもしろそうだと思ったのが入社のきっかけです。その当時思っていた仕事とは多少異なる部分もありますが、こういう仕事もあるのだと新しい発見がありました。
弊社は仕事柄、年齢層が高い方も多くいます。世代の違う方々は、自分にないものをたくさんもってらっしゃいますから、そういった方々とコミュニケーションを取ることで自分を高められる気がします。自分の可能性を伸ばすのに、最適な職場だと感じています。


PAGE TOP ↑