ライフサービス株式会社

「愛」と「感動」を届け、生きる喜びを社会に広げる…、それが当社の仕事です。
「葬儀」は人と人とのつながり・愛を感じていただくための時間だと考えています。
残されたご家族が明日への一歩を踏み出せるよう、気持ちをカタチにして差し上げたい、それが当社の想いです。

メンバー紹介

メンバー紹介

社長インタビュー

写真

1. 社長の仕事に対する想いをお聞かせください。
■今までの葬儀から一歩先へ。
当社の仕事は、悲しさを演出することではありません。ご葬儀を通して故人様の人生を振り返り、故人様を送る方々に愛や感動、「これからを生きる力」を感じる機会にしていただきたいと思っています。

2. 御社の歴史について教えて下さい。
昭和30年に「まるも原口葬具店」を創立し、平成元年2月に法人化して「ライフサービス株式会社」になりました。創業当時は社員7名の小さな会社でしたが、7年前に私が社長に就任して新卒採用を始め、現在は約130名の方が働いています。平均年齢33歳で若い社員が会社の中心となって仕事をしています。

3. 事業内容を教えてください。
ご葬儀に関わる事業を行っており、年間1600件程のご葬儀をお手伝いさせていただいております。
当社には2つのブランドがあります。
1つ目は『ラビュー』です。ラビューは、love you = あなたを愛しています。という意味。愛する人々が集い包み込むような温かさに溢れる、そんな葬儀会館でありたいとの思いで名付け、静岡・藤枝・焼津・島田地区に6つの会館があります。2つ目のブランドは『こすもす』です。榛南地区を中心に6つの会館を運営しています。

ホール

また、人を大切にする企業でありたいという考えのもと、「ふれ愛イベント」としてグランドゴルフ大会を開催したり、人形供養祭・ふれ愛バスツアー等のイベントを通し、地域の人と人との繋がりを深める活動を行っています。

4. 同業他社と比べて、御社の強みは何ですか?
■世界に一つしかないお別れの刻のために。
当社の強みは故人様やご遺族、参列される方々の思いを汲み取り、形にできる社員がいることです。「どうすればお客様のお役に立てるのだろう?」と自ら考え、行動できる社員が揃っています。世界に一つしかないお別れの刻のために一生懸命になれる社員がいるからこそ、地域のお客様に感謝され、「全国葬儀社お客様満足度ランキング」静岡県第1位の獲得にもつながったのだと思います。

■業界をリードする存在でありたい。
葬祭業を行っている会社は、全国で約8000社、静岡では約150社と言われています。その中で当社は業界最先端の取り組みを行っております。その取り組みの1つは、ご遺族や参列される方がリラックスできる空間づくりです。その思いから『ラビュー』の会館はご遺族が過ごすリビングルームをゆったりくつろげる空間にしました。外観も内装も洋風で、あたたかみを感じるデザインを大切にしました。また、わかりやすい価格設定もお客様から支持される理由の1つです。
常に時代の半歩先を歩みながらも、昔ながらの伝統や儀式も大切にしていく。そんなバランス感覚を持った会社を目指しています。

5. 今、力を入れている取り組みを教えてください。
■会社の成長のカギは若い社員の成長
特に人材育成に力を入れています。
入社後は、新入社員研修で会社の基本的な考え方や葬祭業に携わる人としての心構えを勉強してもらいます。その後、半年程度はご葬儀に関わるすべての部署を体験していただき、正式な配属となります。そして先輩スタッフと一緒に仕事をして、知識や技術を学んでいただきます。故人様とのお別れの仕方は、宗派や地域によって異なりますので、実際に現場で経験を積みながら覚えていきます。
また、月1回「社長塾」を開催しています。私が講師として入社1~2年目の若手社員に、社会人としての基本から仕事に対する考え方、ご葬儀に関すること等をお話しています。会社説明会で私の話に共感し、入社してくれた方々なので一人前になるまで1~2年間じっくり見守りたいと考え始めました。また、「社長塾」では、忘年会や新入社員歓迎会などのレクリエーションも行います。決められた予算の中で若手社員に社内イベントを企画してもらっています。イベントを自らが考えて運営することは、仕事にも生かせる経験となり、成長に繋がるでしょう。

■「家族葬」のニーズを形に!
現在、「家族葬」のニーズが高まっています。「家族葬」とは、家族や親しい友人のみで行う、小さいながらも暖かいお葬式のことです。そういったお客様のニーズを形にするため、『ラビュー』の出店に力をいれております。「ラビュー静岡」は、「私たちの地域にもラビューがほしい」というお客様の声から出店し、現在、多くのお客様にご利用いただいています。

6. 御社で働く魅力は何ですか?
愛と感動を届けるご葬儀をつくるために「社員みんなが意見を出し、お客様にご提案できること」がやりがいであり、働く魅力です。当社はアットホームで意見が発信しやすい雰囲気があります。そのため、離職率が低く、女性社員は結婚や出産後もまた働いています。

写真

7. 社長が仕事で大切にされていることを教えてください。
お客様が求める以上のものをご提供できるように、「お客様が理想とするお別れとは何か」を考え、事業を行っています。

8. 一緒に働きたいと感じる人はどんな人ですか?
悲しみの中にいるお客様をお手伝いさせていただく仕事なので「優しさを持った人」、そして優しさをベースにして長所である個性を発揮できる人と一緒に働きたいです。大切な人が亡くなったらどんな気持ちか、そしてそんな時、自分がしてあげられることは何だろうか?と相手を気遣う人としての自然な優しさ、温かさが、当社のスタッフの良いところであり、また入社を希望される方に求めることです。

9. 社長の夢を教えてください。
地域の皆さまに「ライフサービスはいい会社だね!」と応援していただけるようになりたいです。そして、全国の葬儀社が「ライフサービスのようになりたい」と目標にしてもらえるような会社を社員と一緒に創っていきたいです。

10. 御社の今と今後の方針・ビジョンを教えてください。
お客様に「ライフサービスがあって良かった」と言っていただけるような地域に欠かせない存在になりたいと思います。ゆくゆくは静岡県だけでなく、静岡県以外にも必要としていただけるようになれたら、とても嬉しいです。

取材学生の様子

先輩インタビュー1【2015年入社】
斉藤 梨帆さん
造形学部 建築学科卒
ラビュー静岡 施行担当

写真

1. 入社動機をお聞かせください。
私自身が大切な人を亡くし、その葬儀の経験をきっかけに葬儀社に興味を持ちました。
さまざまな葬儀社がある中で、当社の「大切な人を繋がりの深かった家族で温かく見送る」という家族葬の考え方に深く共感しました。また、実際に会社見学会へ足を運び、同じ年代ぐらいの先輩社員が生き生きと働いている姿を見て、当社に入社したいと思いました。

2. 入社前と入社後にイメージ変化がありましたら、教えてください。
会社見学会へ行く前は葬儀社ということもあり、なんとなく暗いイメージを持っていました。しかし、実際は会館の雰囲気も明るく、先輩社員も和気あいあいと働いていて、イメージが大きく変わりました。入社前に感じた当社の明るい雰囲気は入社後の今もまったく変わりません。
実際に働いてみると、上司・部下関係なく意見を出し合い、より良くしていこうという雰囲気や仕事への姿勢を感じ、風通しの良い職場だと日々実感しています。

3. 現在の仕事内容を教えてください。
ご葬儀の施行担当として、お通夜・ご葬儀の打ち合わせから、式の準備・進行を行っています。ご葬儀の経験がない方や悲しい気持ちでいっぱいになられている方は、どういったご葬儀にすればよいか迷ってしまいます。ですから、私からいくつかアイディアをご提案させていただき、悩んでいるお客様を導くように意識しています。
打ち合わせからご葬儀までの限られた時間の中で、ご遺族様の想いを汲み取って、大切な人に「ありがとう」を伝えるお手伝いをしております。

4. 一日の仕事の流れを教えてください。
【ご葬儀がある日】
出勤後、会館や室内の掃除を行います。その後、朝礼(ミーティング)を行い、社員同士で1日の仕事内容を確認します。ご葬儀がある日は、お客様とお通夜・ご葬儀の最終的な打ち合わせを行い、準備をします。昼食後は開式となり、終了となりましたらお客様をお見送りして片付けをします。最後に翌日の準備をして退社します。

【ご葬儀がない日】
朝礼の後に、会館の備品チェックと補充を行います。また、施行担当者として閉式したご葬儀の報告書を作成して反省を行います。昼食後、ご葬儀代の集金、葬儀後の事務手続き等のアフターの相談や打ち合わせ、見学や事前相談でご来館されたお客様へのご対応をします。事前のご相談をいただいたら、必ず報告書を作成し、後日お客様がお見えになった際に他のスタッフでもご相談の内容を理解し、迅速にご対応できるようにしています。

5. 仕事でやりがいを感じることは何ですか?また、印象に残っているエピソードを教えてください。
お客様から「ラビューに頼んで良かった。斉藤さんが担当で良かった!」と直接感謝のお言葉をいただけた時は本当に嬉しいです。中には涙を流しながらお礼を言って下さる方もいらっしゃり、お客様からこんなに感謝される貴重な仕事はないと感じています。

6. 職場はどのような雰囲気でしょうか?
アットホームな雰囲気で和気あいあいとした雰囲気です。もちろん、お式中は気持ちを切り替えて、やるときはやるといったメリハリのある職場です。年代の近い先輩方もたくさんいらっしゃるので、お互いにアドバイスをしたり、助け合ったりして仕事をしています。

写真

7. 仕事で身についたスキルや成長したことを教えてください。
1つ1つ細かいことに気が付くようになりました。常にお客様がどう感じているのかを気遣って行動しているので、「部屋が寒くないかな?」「こうしてさし上げたら喜んで頂けるのではないか」等、相手の気持ちを汲み取り、行動できるようになりました。
お客様の思いと一致した時は「何で分かったの?ありがとう!」と言っていただけるので、とてもやりがいを感じています。

8. 将来の目標はありますか?
目標は今以上に知識を増やしていくことです。施行担当をするためには、ご葬儀のしきたりや風習・宗教等、たくさんの知識が必要です。さまざまなお別れのスタイルを的確にご提案できるようになりたいです。

9. 就活生にアドバイスをお願いします。
まずは企業に足を運んで、職場を見ることが大切だと思います。同じ事業を行っていても会社によって特長も社内の雰囲気も異なります。ですから、実際に働く人たちの雰囲気を感じられる会社説明会や見学会に参加して、自分に合う会社を選んでほしいです。

先輩インタビュー2【2015年入社】
海野 幹人さん
健康メディカル学部 医療科学科 救急救命士コース卒
こすもす榛南事業部

写真

1. 入社動機をお聞かせください。
「人の役に立つ仕事がしたい」と思っていたとき、たまたま当社のホームページを見つけました。
企業理念である『人の心に「愛」と「感動」を届け生きる喜びを社会に広げる。』ということに深く感銘を受け、すぐに応募し、会社訪問しました。その時、当社社長が1時間半位、じっくりと話してくれて、この社長の元で働きたいと思い、この会社に決めました。

2. 入社前と入社後にイメージ変化がありましたら、教えてください。
入社してから葬儀に対するイメージが変わりました。入社前は葬儀といえば、ただ悲しいものだと考えていました。しかし今は、葬儀というものは悲しいだけでなく、ご遺族の方々が大切な人が亡くなったということを受け止め、次のステップに進むために何かを得ていただく機会だと考えています。

3. 現在の仕事内容を教えてください。
病院へ故人様をお迎えにあがり、そこからご自宅または安置室までお連れしています。社員の中で最初にご遺族の方と関わりますので、「私の印象がお客様にとって会社の印象になる」ということを意識しています。
また、新人であってもベテランであっても当社の社員は「全員が葬儀のプロ」としてお客様に頼っていただく存在です。ですから、葬儀や礼儀についての日々勉強を怠らず、ライフサービスの社員であるという責任を強く持って仕事をしています。

4. 一日の仕事の流れを教えてください。
8時30分から朝礼を行います。その後は、葬儀の施行担当者は喪家様との打ち合わせに行きます。その他の社員は施行担当者のサポートや葬儀の準備を手伝います。12時から13時までお昼休憩があり、その後はまた午前中の仕事の続きを行い、17時30分に業務を終了します。

5. 仕事でやりがいを感じることは何ですか?また、印象に残っているエピソードを教えてください。
お客様から「ありがとう」のお言葉をいただいた時に、やりがいを感じると共に「この仕事を選んでよかったな、もっと勉強して頑張ろう!」という気持ちになります。
印象に残っているエピソードは、ご葬儀をお手伝いさせていただいた喪家様と後日スーパーで偶然お会いした際に「あの時はありがとう、ライフサービスさんにお願いして本当に良かったよ」と言っていただけたことです。

6. 職場はどのような雰囲気でしょうか?
社員はとても仲が良く明るい雰囲気で、誰かが困っていたり、忙しいときには全員で協力して仕事をしています。また、お客様の前ではスイッチが切り替わり、きっちりと仕事をこなすメリハリのある職場です。

7. 仕事で身についたスキルや成長したことを教えてください。
お客様とお話しする機会がとても多いので、話し方や礼儀作法のスキルが身につきました。

写真

8. 将来の目標はありますか?
お客様が「今、何を必要とされているのか」に気づき、迅速に行動できるようになりたいです。

9. 就活生にアドバイスをお願いします。
就職活動ではたくさんの情報を得ることが大切だと思います。あまり業種や職種を調べずに、「これが一番やりたい仕事だ」と思い込んで活動をしてしまうと、社会人になってからもっと興味を持った仕事を見つけてしまい、後悔する可能性があります。ですから、業種や職種など、仕事について幅広く調べてみてください。
学生さんは、「葬儀や礼儀作法の知識がなければ当社に入社できないのでは?」と思うかもしれませんが、入社後に一から優しく教えてくれますので、必要なのは「やる気」だけです。お客様とコミュニケーションを多くとる仕事なので、学生時代からいろんな人とお話をして、人の気持ちや考え方を学んでおくと入社後に役に立つと思います。

先輩インタビュー3【2003年入社】
中澤 直喜さん
経営学部 経営学科卒
ラビュー静岡 館長

写真

1. 入社動機をお聞かせください。
学生時代に祖父母が亡くなったことがきっかけで、死に携わる仕事とはどのようなものか、関心を持ち、入社しました。

2. 入社前と入社後にイメージ変化がありましたら、教えてください。
最初はご葬儀の仕事というと暗いイメージがありましたが、当社の社員は明るく前向きな方が多く、雰囲気の良い職場だったのでイメージが変わりました。

3. 現在の仕事内容を教えてください。
現在、ラビュー静岡の館長として主に会館の運営や管理、部下がスムーズに仕事ができるようにサポートしたり、アドバイスをしております。また、お客様のご葬儀のお手伝いをさせていただいています。

4. 仕事の流れを教えてください。
ご遺族様との打ち合わせを行い、日程決めやご要望をお聞きして、ご葬儀の準備を進めていきます。その後、通夜・葬儀を滞りなく終えることができるように、最後までお手伝いをさせていただきます。

5. 仕事で心がけていることはなんですか?
ご葬儀の内容は1~2日で決めることが多いので、あまりご遺族様が焦らないように気遣い、スムーズに打ち合わせが進むように意識しています。また、ご遺族様に対して自分ができることは何かを常に考え、仕事に取り組んでいます。自己満足にならないよう、ご遺族様・故人様の気持ちに寄り添えるように努めています。

写真

7. 仕事でやりがいを感じることは何ですか?また、印象に残っているエピソードを教えてください。
悲しい中でもお客様に感謝され、お礼のお言葉をいただいた時にやりがいを感じます。
印象に残っているエピソードは、故人様のお好きだった歌や食べ物をご葬儀の際にサプライズでご用意してお出しした時に、ご遺族様がとても喜んで下さったことです。

8. 職場はどのような雰囲気でしょうか?
若い社員が多いので活気があります。また、社員全員が「お客様に喜んでいただけるご葬儀にしたい」という想いで仕事をしているので、さまざまな意見をお互いに伝え合うことができる職場です。

9. 将来の目標はありますか?
当社は「お客様満足度日本一」を掲げていますから、すべてのお客様にご満足いただけるご葬儀のお手伝いをこれからも目指していきます。

10. 就活生にアドバイスをお願いします。
まずは行動してみることが大切です。考えているだけでは見えてこなかったものが行動することで見え、新しい発見に繋がります。頑張ってください。

SJCナビ2018

Copyright © Shushoku Joho Center Co.,Ltd. All rights reserved.