株式会社 マルト神戸屋

「お客様に小麦本来の美味しさを味わっていただきたい」
その一心から、昔ながらのつくり方にこだわり、業界で初めて無添加の食パンの量産化に成功。
以来、頑ななまでに「Fresh&Pure」の企業理念を貫き通している。

メンバー紹介

メンバー紹介

人事担当者インタビュー1

写真

1. 事業内容について教えてください。
当社は神戸屋グループ企業の一員として、神戸屋ブランドの製品や当社オリジナルのパンの製造・販売をしています。主に東海地方の静岡県、愛知県、岐阜県の一部で事業活動をしています。神戸屋グループ統一の商品やマルト神戸屋のオリジナル商品をパーソナルスーパーや量販スーパー、コンビニエンスストアに卸しています。
また、2014年度から学校給食用の食パンやロールパンを浜松市の約60校にご提供しています。

2. 同業他社と比べて、御社の強みは何ですか?
■業界に先駆けて『無漂白小麦粉』への切り替え、『イーストフード・乳化剤無添加』 の取り組みを具現化!
当社の企業理念は『Fresh&Pure』です。
この企業理念のもと、イーストフード、乳化剤を使用しないパン作りの取り組みを行っています。現在、無添加を謳うパンは増えていますが、当社は業界に先駆けて『無漂白小麦粉』への切り替え、『イーストフード・乳化剤無添加』の取り組みを具現化してきました。
イーストフードや乳化剤といった添加物は加工しやすくするために添加するものです。無添加にすればそれだけ発酵や焼成の時間管理等、手間がかかり大変ですが味の良さは食べ比べてみると全く違います。お客様に素材そのものの美味しさを味わっていただけるように、また本物の美味しさを後世に伝えるために独自技術の開発に取り組んでいます。
長年に亘る昔ながらのつくり方や美味しさへのこだわりもあり、今では「神戸屋」=「イーストフード・乳化剤無添加」というブランドイメージがお客様に浸透しています。

■お客様の意見をすぐに反映して商品化!小回りの利く体制はグループ企業ならではの強み。
神戸屋はグループ企業制度をとっています。その強みは当社のようなグループ会社が独自の判断でお客様の意見をすぐに反映し、商品化できることです。オリジナルの商品をベストなタイミングで打ち出すことができます。例えば、ある大手スーパーマーケットの売り場の担当者様から「こういうパンが欲しい!」と要望をいただいたら、すぐに商品に反映することができます。何より地元のお客様の要望を的確に捉え、商品化することができます!素早い取り組みが当社の強みです。

3. 御社で働く魅力は何ですか?
自分で考えたことを具現化したり、チャレンジできる点が魅力です。
若手のうちから意見を発信できるだけでなく、上司が「まずはやってみようか!」と言ってくれる風土があります。実際に若手社員がパンを焼く際の並べ方の改善案を出し、従来よりも一度に多くのパンを焼けるようになりました。また社員の平均年齢が33歳と若いため、若手のうちから責任ある仕事に携わり、成長できることも魅力です。

4. どのように知識や技術を身につけるのでしょうか?人材育成について教えてください。
入社後の1週間は新入社員研修を受けていただき、当社をより詳しく知っていただくと共に、商品の製造過程を理解するため、全員にパンの生産部門や商品管理部門の仕事を体験していただきます。5月には部署へ配属となり、実際の仕事に取り組みながら知識と技術を身につけます。新入社員は年に5回、2~3年目の若手社員は年2回、同期と集まって行われる業務の知識の確認やビジネスマナー講習等の研修もあります。
当社では通信講座を受ける体制も整えています。パソコンやマナー等、自己啓発ができます。パン技能検定の資格も取得できます。パン技能検定には2年の実務経験が必要ですから、働きながらスキルと経験を積めます。また、資格を持つ先輩方から検定合格に向けて技術やポイントをアドバイスしてもらえますよ。

取材学生の様子

人事担当者インタビュー2

5. 必要な資格や資質はありますか?また、学生時代に学んだり、経験しておくと御社の仕事に生かせることはありますか?
学部・学科を問わない人物重視の採用を行っています。ですから入社時に必須となる資格はありません。
学生時代には、学業以外にサークル活動・アルバイト・趣味やスポーツ等に幅広く取り組み、学生時代にしか得ることが出来ない経験をしていただきたいです。そして、それらの経験を入社後にぜひ仕事に生かしていただきたいです。

6. 新入社員の方は、入社後はどのような業務に携わっていますか?
新入社員研修の終了後、各部門(生産部門・営業部門)に配属になります。配属後は先輩社員に教えてもらいながら仕事をします。
生産部門の仕事は熟練の知識と技術が必要になります。パンの生産工程には、仕込み・成形・焼成・仕上等の工程があり、一人前になるまでには通常3~5年程かかります。配属後、さまざまな工程を習得して将来的には生産を管理・監督する職場のリーダーになっていただきたいです。

営業部門の仕事は、パンについての知識をつけていただき、商品をご提案するだけでなく、スーパーバイザーとして店舗の売り場作りを含めた販売促進の提案をしていただきます。配属後、商品の提案・マーケティング・受注・商品のお届け・帳票作成・売り場作り等、さまざまな仕事を経験して、将来は店舗運営の全般をサポートするプロのスーパーバイザーを目指していただきます。

7. 新入社員に期待すること・将来どのような人材になってほしいですか?
新たな戦力として期待することはもちろん、新商品の開発や社内改善制度を利用し、改善・提案をしていただきたいです。今までの社員とは違った新しい考え方をぜひ発信していただきたいです。

8. 今後の展開について教えてください。

写真

現在、健康志向のお客様が増えています。当社では円熟シリーズを2016年9月から、よりヘルシーに、味わい豊かにリニューアルしました。パン耳が柔らかくて食べやすいだけでなく、3枚パックと少量からご提供しているので高齢者の方にも人気の商品です。一般社団法人日本雑穀協会が運営する「日本雑穀アワード」では、五穀(ライ麦、発芽玄米、ハト麦、黒米、黒ゴマ)の円熟及び、全粒粉の円熟が金賞を受賞し、高い評価を受けました。
また、地元の食材を使用した地産地消の活動に今後も取り組んでいきます。現在販売しているものは静岡県産クラウンメロンを使った「静岡県産クラウンメロン&ホイップ」です。以前は遠州産のむらさき芋を使用した、「むらさき芋あんぱん」を販売しました。また、期間限定で浜松産の牛乳を使用した商品のパッケージにご当地のゆるキャラ「出世大名家康くん」を掲載したこともあります。ご当地パンの取り組みにぜひご期待ください!
当社は世の中の変化に対応し、お客様が求める商品を素早く提供して参ります。

先輩インタビュー1【2014年入社】
森下 真哉さん
理工学部 物質生命科学科卒
生産2課

写真

1. 入社動機をお聞かせください。
食品分野に関わる物質について学んでいたので、将来は食品系の仕事に携わりたいと考えていました。浜松で開催された合同会社説明会に参加して初めて当社を知り、食品の中でもパンの製造が面白そうだと思い、入社を希望しました。

2. 入社前と入社後にイメージ変化がありましたら、教えてください。
入社前はパン屋さんのイメージがあったのですが、工場のラインでたくさんのパンを作ることは、想像よりもスケールが大きかったです。

3. 現在の仕事内容を教えてください。
製造ラインには「バラエティライン」、「菓子パンライン」、「デニッシュライン」、「食パンライン」、「手作り」の5つがあり、私は菓子パン・デニッシュの一部を作れる特別なラインである「バラエティライン」の「仕上」の工程を担当しています。窯で焼きあがったパンにクリームを入れたり、形が崩れたものがないか検品をしたり、包装機を使っての袋詰めや出荷数の確認など、さまざまな仕事をしています。

4. 一日の仕事の流れを教えてください。
工場では24時間商品を作っているので、社員は昼・夜の2交代制で働いています。
工場に入る前には、ほこりや毛髪を粘着クリーナーやエアシャワーでとり、その後に手洗いとアルコール殺菌をしっかり行っています。昼の当番の際は朝9時からパンが焼きあがり始めるので、パンにクリームを入れたり、商品の袋詰め等、仕事を進めています。

5. 職場はどのような雰囲気でしょうか?
休憩時間にはみんなで雑談をしています。明るい雰囲気で働きやすい職場です。

写真

6. 仕事でやりがいを感じることは何ですか?また、印象に残ってるエピソードを教えてください。
スーパーマーケットやコンビニエンスストアで当社の商品を見たり、商品を購入されるお客様を見た時に「パンづくりに携わって良かった!」と幸せな気持ちになります。
入社してまもなく、上司から「毎日たくさんの商品を製造しているから、作り手はひとつのパンを大量生産品のひとつだと思ってしまうかもしれないが、お客様にとっては“たったひとつの大切な商品”だ。」と言われ、食品に関わるものとして頑張らなければと強く感じました。

7. 仕事で身についたスキルや成長したことを教えてください。
「バラエティライン」では4~5人で1グループを作って仕事をしています。円滑に仕事が進められるように指示をして、みんなをまとめることが多いので、学生の時よりもコミュニケーション能力や責任感が増したと思います。

8. 将来の目標はありますか?
成形の工程を経験して、パン製造の技術を身につけたいです。

9. 就活生にアドバイスをお願いします。
就職活動では内定をもらえるかどうか不安を感じて、大変な時もあるかもしれませんが、自分の将来に関わることなのでじっくり検討しながら焦らずに活動してほしいです。

先輩インタビュー2【2016年入社】
畑中 滉平さん
経済学部 経済学科卒
営業Ⅱ課 フローズン係

写真

1. 入社動機をお聞かせください。
「食」に興味があったので、食品系の企業に就職したいと考えていました。その中でも「パン」は定番の商品ながらお客様から長く愛されていますし、流行を捉えて新しい商品の開発もどんどんできる点が面白いと思い、入社を希望しました。

2. 入社前と入社後にイメージ変化がありましたら、教えてください。
入社後、営業でもご提案のためにパン作りをすることが多いと分かり、驚きました。

3. 現在の仕事内容を教えてください。
スーパーマーケットやサービスエリアのベーカリーの店舗で、当社のパン生地を使っていただけるようにご提案をしています。当社は冷凍で生地をお届けし、発酵と焼成はお客様にしていただきます。パンに当社の名前は入っていませんが、みなさんも知らないうちに、当社のパン生地から作った商品をご購入いただいているかもしれません。

写真

お客様へのご提案の際は当社の工場でまずパンを作り、サンプルとしてお持ちしています。ご提案前に自分でパンを作るので、お客様に製造のポイントを具体的にお伝えできます。また、お客様ごとの状況をしっかり把握して商品をご提案するようにしています。お客様によってはベーカリー部門の人手が不足していて時間かかる惣菜パン等は作れないといったことがあるからです。さらに売り上げをアップさせるために、季節によって売り場の雰囲気を変えるご提案もしています。

4. 1日の仕事の流れを教えてください。
1日社内で資料を作る日もあれば、営業でお客様を訪問したり、新商品の開発をしたり、日によってさまざまです。

5. 職場はどのような雰囲気でしょうか?
先輩や上司が積極的に声をかけてくれる職場なので、わからないことを気軽に質問できます!商談で困ったことがあっても、先輩方にすぐに相談できるので安心です。

6. 仕事でやりがいを感じることは何ですか?また、印象に残っているエピソードを教えてください。
ご提案した商品が売れて、お客様のベーカリーの売り上げに貢献できた時は達成感とやりがいを感じます!

7. 仕事で身についたスキルや成長したことを教えてください。
仕事内容が多岐にわたるので、いかに効率よく進めるかを考えて行動しています。
学生時代よりもタイムマネジメント能力が身につきました。

8. 将来の目標はありますか?
お客様からのさまざまな質問に答えられる、頼りにされる営業になりたいです。

9. 就活生にアドバイスをお願いします。
こんなにたくさんの企業を知れる機会はあまりないと思います。大変なこともあるかと思いますが、楽しみながら活動してみてください。

SJCナビ2018

Copyright © Shushoku Joho Center Co.,Ltd. All rights reserved.