理系就活生向けコラム第24回(最終回) 来年4月1日の入社日に向けて

応援

【内定式】

採用選考にのぞむ理系の学生さんに向けての「応援ブログ」第24回目、今回が最終回です。

10月1日に内定式をする企業が多くあります。今年は曜日の関係で2日になったようです。出席された学生さんたちは、実際に企業を訪ねて、担当者の話を聞いて、身の引き締まる思いがあったのではないでしょうか。

また、まだ就活真っただ中の学生さんも、来年の4月1日には、そろって社会人になるのです。苦しくも頑張りましょう。この経験は、社会に出てから必ず役にたちます。

今回は、企業の採用担当者が学生さんに望む(であろう)ことを紹介していきます。内定式で同じような話があったかもしれません。
画像

【採用担当者が学生に望むこと】

・必ず卒業してください
そうなんです。長いこと採用担当業務をしていると、「単位が足りなくて卒業できません。内定を一年延長していただけませんか?」といったケースに出会います。
ここは、会社によって対応が違うでしょうが、たぶん「来年、またエントリーから挑戦してください」となるでしょう。貴方はダイジョウブですか?
最後まで気を抜かずに学業を修めてくださいね。

・社会のことを少し勉強しておいてください
就職活動中にも実行していたかもしれませんが、新聞を読むなどして社会情勢の基本的な知識はつけてください。企業によっては、入社までの期間に課題を出すところもあります。なにも難しい勉強を求めているわけではありません。
自分でできることとしては、若手のビジネスパーソン向けの雑誌(日経アソシエ、THE21など)をたまに買って読んでみるのがよいと思います。

・企業のこと、属する業界のことをチェックしておいてください
やはり新聞がソースになります。内定が決まっている企業のニュースがあればきちんと読んでおくこと。
また、業界内の動きもチェックしておくことが大切です。

・友人と密度の濃い時間を共有してください
社会人になると、なかなか学生時代の友人と行動を共にすることは難しくなります。しかし学生時代の友人は、貴重な存在です。学生時代の時間のあるうちに仲間との絆を築いてください。
社会人になってから、社内の先輩や同僚などに相談しづらいことでも聞いてくれるのが学友です。社会見学を兼ねた「卒業記念旅行」が人気のなのもよくわかります。

・健康管理には十分気を付けてください
長い人生、どこかで病気になってしまうことはあります。しかし、不摂生で病気になってしまうようでは社会人失格と言われてしまいます。学校でも毎年健康診断をしているでしょう。気になるところがあれば、治療しておきましょう。
4月1日のスタート時点でコケてしまうことだけは避けたいですね。

・入社にあたって不安なことがあれば、いつでも聞いてね。
最後に、これはすべての会社の人事(採用)担当者の気持ちです。
社会人生活の実感がつかめない学生さんにとって、不安に思うことがたくさんあることは承知しています。内定式や企業からの連絡でその不安を解消しようと努めているのです。しかし、実際には、すべての不安にこたえきれません。どんな小さなことであっても、不安に感じることがあったら人事(採用)担当者に聞いてください。遠慮などしてはいけません。
入社までは、人事(採用)担当者は皆さんの味方です。(入社後も、表立ってではなくとも陰から応援してくれる存在です)

皆さんが4月1日には、晴れて社会人の仲間入りをされることを祈念して、私のコラムを終了します。ここで筆を擱きます。

【プロフィール】

画像

Jerry O. (大庭 純一)
1956年 北海道室蘭市生まれ、小樽商科大学卒業。静岡県掛川市在住。
ドラッカー学会会員。フリーランスで、P.F.ドラッカーの著作による読書会、勉強会を主催。
会社員として、国内大手製造業、外資系製造業、IT(ソフトウェア開発)業に勤務。
人事、総務、経理などの管理部門に携わる。採用は、新卒、キャリア、海外でのエンジニアのリクルートを担当。面接を重視する採用と入社後のフォローアップで、早期離職者を出さない職場環境を実現させてきた。

PAGE TOP ↑