SJC保護者向けコラム P&SJC vol.2:就活スケジュールと関わり方

応援
2018年卒業予定者の就活スケジュールは一学年上の現在4年生の方と同じ流れで進むことになっています。今回は就活スケジュールの確認と、その中での子供(就活生)との関わり方について書いてみたいと思います。

就活スケジュールから見る親子の付き合い方

スケジュール
2018年卒業予定者の就活スケジュールでは、経団連加盟企業の採用情報(募集職種や募集人数、待遇など)解禁は3月となっています。2016卒では選考開始が8月となっていましたが、2017卒からは6月開始に早まり、2018卒もそれが踏襲されることになっています。2015卒までは採用情報解禁が12月、選考開始が4月でしたので、これまでは選考開始まで5ヶ月という時間が確保されていたわけですが、それが今年は3ヶ月に短縮され、来年も3ヶ月のまま進む「短期決戦」となっているのです。
短期決戦ということは、学生の負担はそれだけ大きくなります。限られた期間に合同企業説明会に参加して企業との接点を持ち、会社説明会に参加して情報を得、履歴書やエントリーシートを書かなくてはなりません。また、2015卒と比較すると依然、選考開始時期は後ろ倒しのままであるため、出遅れてしまうと挽回の時間も残されていません。

ここで打てる手は「採用情報解禁の3月よりも前にできることは先にやっておく」ことでしょう。「自己分析」「業界研究」「企業研究」「職業理解」「筆記試験対策」「面接対策」「コミュニケーション力の向上」などが考えられるでしょうか。ただ、親子の間は難しいもので、子供に対してはつい厳しい口調で注意してしまいがちですし、子供も他人の言葉には素直に耳を傾けるくせに自分の親となるとなかなか素直になれないもの。伝え方には十分注意していく必要があります。例えば、2017卒の学生たちの3月末時点でのエントリー社数は37社でした(株式会社ディスコ調査)。選考が6月から始まることを考えると、遅くとも4月末までにはエントリーする必要があるため、3月~4月の2ヶ月間は、ほぼ3日に2社のペースで進めなければ間に合いません。お子さんの性格にもよりますが、「いまどきの就活は3日に2社はエントリーしなくちゃならないんだって? 大変だね。何かあったらいつでも相談してね」程度のほのめかしから入るのはどうでしょうか? 「え? それってどういうこと?」と食いついてくれば成功ですし、特に反応しなくても、子供はなにかしら考えることでしょう。上手に導いてあげられるといいですね。
ちなみに、こうした就活スケジュールを反映し、インターンシップは3年生までに実施されるのが一般的となっています。3年生の夏休みを利用したものと、10月以降冬休みに絡めた時期に実施するものとにわかれますが、どちらも企業の採用活動時期の前段階として実施されていることがわかります。

スケジュールを見たからこそ子供の気持ちを理解する!

さて、そうしたスケジュールを知った上で、子供とどのように関わっていくか。
アルバイトを除けば、初めて社会に飛び出していくわけです。何の不安も感じない人はいないでしょう。普段なら聞き流せる言葉にも過敏に反応してしまうこともあるかもしれません。
一番してはいけないのは、「子供の気持ちを理解しない」ことです。学生たちからよく聞く声に「親が自分の気持ちをわかってくれない。心配してくれているのはよくわかるが、言っても理解してもらえないので、最近では話をするのも億劫になった」というものがあります。親子とはいえ、別人格の人間です。アスリートのように厳しい環境に身を置き成長したいと思う学生もいれば、中小企業で地元に貢献したい学生もいます。コミュニケーションが苦手だからとあえて営業職に飛び込んで自分を変えたいと考える学生もいれば、平凡な毎日を望み、単純作業に就きたいと思う学生もいます。親御さんがすることは、そうした思いを翻意させることではなく、それを選択することに伴うメリットとリスクを説明し、本人に覚悟を求め、その上で最終決定させることではないでしょうか。子供の価値観と親の価値観は違って当然なのです。
「そんな大変な仕事を選ばなくても」ではなく「大変な仕事だと思うけれど、本当にやっていけるんだね?」という言葉を掛けてあげてください。「大企業でなければダメだ」ではなく「中小企業だと将来の給料がこのくらい違うけれど、生活のことは考えているのかい?」という言葉を掛けてあげてください。その上で「あなたが選んだ道を進みなさい。親としては、それを応援するから」と言ってあげてください。くれぐれも「私の頃はそんな風ではなかった!」などと言わないでください。当たり前ですが、「私の頃」は時代が違うのです。

また、子離れできていない親御さんも残念ながら時折見受けられます。例えば地元を離れて進学した子供に対して「就職は地元でしてほしい」という言葉を掛けたり、暗にそのような意思を感じさせたりする親御さんがいらっしゃるようですが、それに困惑している学生さんもいるのです。そんな学生さんたちは決まってやさしい気持ちを持っていて、ときには親のために自分の夢を諦めようとする学生さえいます。こうした学生たちは、親の前では決して「親のために地元での就職を選んだ」などとは言いません。「親のために夢を諦めた」とも言わないでしょう。「実家から通える職場の方が楽だよ」などといった言葉をかける方もいらっしゃいますが、それが親御さんの本心からの言葉なのかどうか自問してみてください。そこには、よもや自分がさみしいからといった心は隠されていないでしょうか。厳しいようですが、子供の人生は子供のもの。考える機会を与えるのはよいことですが、誘導は避けなければなりません。

ではどんな言葉をかければいいのか?

親子

一方で、真剣に子供との接し方を考え、悩むあまり、「就活NGワード」などの言葉でWebサイトを調べた挙句、どう言葉を掛けていいかわからなくなってしまう親御さんもいらっしゃるようです。「どんな言葉を掛けたらいいのでしょうか?」というご質問をいただくこともよくあるのですが、正直に申し上げて答えは「お子さんの望む言葉を掛けてあげてください」しかありません。「がんばれ」という言葉が何よりの励ましになる子供もいれば、何よりもプレッシャーになる子供もいますし、「もうがんばっているのに、これ以上なにをがんばれというのか?」と親の無理解にがっかりする子供もいます。子供の気持ちや性格を考え、適切な言葉と距離で接していくほかないのです。どうしてもわからないのであれば、正直に聞いてみるのもいいかもしれません。「心配しているし力になりたいが、何を望んでいるのか教えてほしい」と。そして、出てきた言葉に添ってあげる。そういうやり方も、ないわけではありません。子供の幸せを真に願う気持ちと誠意があれば、きっと通じるのではないでしょうか。
そして、もしそんな中、子供が助けを求めているとわかり、親としてもどうしたらいいのかわからなくなってしまったときには、外部に助けを求めてみてください。大学の就職課もあれば、私のようなキャリアコンサルタントもいます。きっとお力になれると考えています。

PAGE TOP ↑