インターンシップのススメ
 インターンシップとは・・・?
インターンシップ
「学生が一定期間、企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度」がインターンシップです。年々、インターンシップ参加学生が増えており、またインターンシップ制度を導入する企業も増加しています。
 インターンシップのメリット
企業で実際に就労体験することで、入社した後に自分が働く姿をイメージしやすくなります。
また、自分が選んだ業種・企業が自分に合っているのか、確かめることができ、ミスマッチを防ぐメリットがあります。
そして、自分が知らなかった新たな世界の人たちと触れ合うことで、良い刺激になり人脈も広がります。
 インターンシップに参加すると選考に有利?
選考には関係ありませんので、インターンシップに参加したから内定が貰いやすくなる、ということはありません。むしろ、その体験によって何を学んだかが重要ですし、それを面接の際に聞かれる可能性も高いと言えます。
ただ、志望企業であれば、早期から志望企業の担当者に覚えてもらえるというメリットはあるでしょう。
また、就職に対する意識が高まり、従って内定獲得率も向上する、という傾向があるようです。
 どのようなことをするの?
インターンシップと一言に言っても、企業によって様々なスタイルがありますが、大まかに分類すると下記の通りです。(就業体験を伴わないものは、「インターンシップ」には当てはまりません。)詳しい内容は募集要項に掲載されますので確認しましょう。

★体験型スタイル【期間:1日〜数日】
工場や事務所などで業務を体験します。 業務内容や、職場の雰囲気、求める人材像などを把握できます。

★プロジェクトチーム型スタイル【期間:数日〜1週間】
チームになって、企画からプレゼンテーションまで、その企業の業務に関わる課題に取り組みます。

★実践型スタイル【期間:1ヶ月〜長期】
企業としても、学生の新鮮なアイデアを取り入れようと、IT・ベンチャー企業などで多いスタイルで、社員の一人として業務を任されます。 社員と同じように、成果を求められます

 事前に準備しておくこと
企業に訪問し、仕事を実際に行いますので、その会社のことをほとんど知らなかった・・・、ということがないよう、前もって企業ホームページや昨年のナビで企業情報を頭に入れておいてください。
また、遅刻・欠席などが絶対にないように、体調を万全に整え、会社までのルートを調べておきましょう。
 心構え
インターンシップ参加者の立場は、学生ではなく、社会人と同じです。インターンシップの目的を確認し、「教えてもらう」という受身の姿勢ではなく、積極的に参加するという気持ちを忘れずに参加するようにしましょう。
企業はチームプレーです。自分で考えて行動することは大切ですが、勝手に判断して行動することは許されません。「担当者が忙しそうで聞けない」と尻込みせず、分からないことや、判断に困ることは、必ず聞いて確認する癖をつけましょう。
後々の選考の際の自分のアピールポイントを見つけるべく、実りあるインターンシップ体験になるよう、自分なりに努力しましょう。
 申込みについて
各就職ナビで公募する場合もありますが、多くはインターネットの企業サイトで申込を募集していたり、学校の就職課に直接募集要項が届いて、就職課を通して応募する、という場合が多いです。特に理系の場合は教授と企業の繋がりが強く、学校の先生の紹介で募集申込という場合が多いです。
希望の企業サイトをマメにチェックしたり、学校の先生や就職課で聞いてみましょう。
また、就職課の先生が学生の希望に応じて振り当ててくれる学校もあるようです。就職課の先生に自分の希望を伝えておくとともに、常に足を運び、情報を得るようにしておきましょう。希望の企業がある場合は、直接人事課に問い合わせてみるのも良いでしょう。その場合はマナーにお気をつけて。

PAGE TOP ↑