インターンシップ☆ダイジェスト
インターンシップ☆ダイジェスト 山田工務店
企業情報
本社 〒425-0074 静岡県焼津市柳新屋648-2
業種 新築住宅/住宅リフォーム全般/不動産/建築設計/企画/インテリアコーディネート/カラープランニング   
事業内容 新築事業/リフォーム事業/不動産事業
設立 1976年9月
資本金 1,000万円
売上高 14.7億円(2016年4月)
従業員数 61人(男47人 女14人)
代表者 代表取締役 山田耕治
◆自分の仕事がお客様のHAPPYに繋がると、幸せを感じます!
写真
「すべての人にHAPPYを」という理念のもと、お仕事をしていらっしゃいますが、実際にお仕事中に幸せや喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

鈴木:お客様に「担当が鈴木さんでよかった!」と言われた時です。
お客様のイメージに合った工事内容の提案ができ、工事が完成してお客様が喜んでくださると、頑張りが報われた気持ちになり、喜びを感じますね。

太田:おおー!

外村:なるほどね。太田さんは積算課だから、お客様と直接話す機会はほとんどないですよね?

太田:そうですね。鈴木さんと外村さんは、お客様と直接話す機会があると思うのですが、私はお客様と打ち合わせをする機会はありません。
ですが、朝礼でお客様からいただいたアンケートを読むと、自分の仕事がお客様のHAPPYに繋がっていることを実感できて幸せを感じます!

鈴木:新築の場合、お客様に書いていただくアンケートは3回ありますよね。

外村:契約時と最終図面の作成承認時、引き渡し時の3回です。

太田:お客様の生の声を聞くことができる貴重な機会ですし、お客様から感謝の言葉をいただけると、やりがいや喜びを感じます!

鈴木:外村さんはどんな時に幸せや喜びを感じますか?

外村:住宅という、一生に一度あるかないかの大きな買い物なので、大きな喜びや感動を感じることは多いです。
特に記憶に残っているエピソードは、入社して半年の頃、担当をした1棟目のお客様からの「若いけど何棟くらい担当してきたの?」という質問に「まだ1棟もないです」と答えたときです。
その後、一生懸命調べながらお客様と打ち合わせを重ねた結果、最後にはお客様から「今までありがとう、実は1棟目と聞いた時からお願いしようと思っていました。その方が一生懸命やってくれると思ったし、実際に一生懸命にやってくれてよかったよ!」と言っていただけました。
この言葉が今までで一番嬉しくて、強く心に残っています!

鈴木:そういうのって絶対忘れられないですよね。

外村:入社した頃は、家づくりの仕事に携わってみて「難しい!」と感じましたが、さきほどの経験から「一生懸命やった分、評価してくださるお客様がいらっしゃる!」と思え、その後の自信に繋がりましたね。実際、評価してくださるお客様は多かったです。

鈴木:私は新卒で入社して、お客様と1対1で話すようになった頃ですね。簡単なトイレ工事の依頼がお客様からあり、いろいろやり取りをしていく中で、お客様との間で言葉の行き違いが起きてしまい、ご迷惑をおかけしてしまったことがありました。
その後、しっかり謝って、お客様との信頼関係を取り戻すことができました。最後にお客様から「もし今後、新築を建てることになった時は鈴木さんにお願いしますね!」と言ってくださったことが嬉しかったです。

太田:それは最高に嬉しい言葉ですね!

写真
◆建築の知識なしで入社しましたが、大丈夫でした!
写真 人事:3名とも建築系以外の学部学科の出身ですね。

鈴木:私は工学部でした。

外村:私は経営学部でしたが、合同会社説明会でたまたま建設会社の説明を聞いて、建築業界に興味を持ちました。
その後、他社のインターンシップに参加をして、そのときの体験から「建築関係の仕事がしたい!」と強く思うようになりました。
建築の勉強をしていない分、少しでも挽回できるようにと、就職前に資格の勉強をしましたが、入社後、「建設業というよりサービス業だ」ということに気づきました。専門的な知識は入社してからも勉強できます。
それよりも、お客様とのコミュニケーションがどれだけとれるか、お客様の想いをちゃんと聞けるかどうかの方が大事だと感じました。
お客様とのコミュニケーションのとり方は、先輩とロープレ(営業のシミュレーション)をして学びました。

太田:私は就活サイトを見て、山田工務店が目に留まったのがきっかけです。その後会社訪問をした時の、社員の方々の笑顔で挨拶してくださる姿や、社内の雰囲気に魅かれて入社を決めました。
「建築の仕事がしたい」というより、「この人たちと一緒に働きたい」と思ったんです。
私も建築系の学部ではなかったので、入社したばかりの頃は、建築の知識や社会人としての知識もわからない状態でした。ですが、小さな質問でも先輩方が手を止めて向き合ってくださいました。
◆聞きたいことを聞けて、部門が違っても仲良く話せる職場です!
自社の魅力、雰囲気はどうですか?

鈴木:上司や先輩社員に質問をしに行くと、必ず仕事の手を止めて、納得するまで教えてくれます。ですから、わからないことを聞きやすい雰囲気が、この会社にはあります。

太田:わかります。「聞きたいことを聞けて、言いたいことを言える環境」ですよね。
雰囲気が良いのは入社してからずっと思っていました!

外村:あと、20~30代の若いメンバーが多いので、活気があります。
また、山田工務店の4つのどの事務所も1年以内に改装したばかりの新しいショールームがあり、なんといってもおしゃれです。毎日気持ちよく働けます。

人事:この3名は部門がバラバラなので通常業務で接する機会はほとんどありません。ですが、弊社は社内行事が充実しているので、会えばこうやって仲良く話せます。

太田:会議や研修・委員会で会うこともありますね。

外村:部門や店舗が違っても会う機会は多いですね。

写真 太田:必ず、月に数回は全店舗から社員が集まります。

外村:納涼会や永年勤続表彰式・忘年会といったパーティや社員研修旅行もあり、話す機会が多いので、部門の垣根は感じないですね。

鈴木:忘年会では10~12人くらいのチームにわかれて、10分くらいの出し物をします。順位がついて、賞品が出るので非常に盛り上がりますよ!

外村:チームのメンバーは毎回くじ引きで決め、年齢も立場も様々ですが、学園祭みたいで楽しいです。

太田:運動会も盛り上がりますよね!お客様・協力業者さん・社員とそれぞれの家族が参加して本気で闘う。

鈴木:お客様も業者さんも、みんな楽しんでくださいました。

人事:最近新しく始めたのが少人数での親睦会です。会社が費用を負担して、くじで決めた5~6人のグループで食事会や飲み会を開催します。
風通しを良くするため、社員同士の親睦を深めるための試みです。弊社は大家族主義なので、そうした取り組みを積極的に行っています。仲が良くて雰囲気の良い会社になっていると思います。

太田:店舗や部門や年齢が違っても、今回のように自然と話せますし。

外村:社員同士の会話が多く、ストレスを溜めこむことがないので、仕事がしやすい環境です。

鈴木:弊社のインターンシップや会社説明会に参加していただければ、自然と会社の雰囲気がわかってもらえるのではないでしょうか。是非、山田工務店へ見学に来ていただけたらと思います。

外村:インターンシップでお会いするのが楽しみです!!

インターンシップ情報
開催日 12月16日、12月17日、1月20日、1月21日 ※1dayのインターンシップです。
場所 株式会社山田工務店 はっぴい館志太  
対象者 知識・学歴は問いません。建築に興味のない方でも楽しくご参加いただけます。
内容 3種類のインターンシップを開催します!

①「超実践型!一億円営業マンから学ぶ一日」
ショールーム見学/モデルハウス見学/グループワーク/フィードバック
②「採用担当直伝!就活必勝セミナー」
③「社長が教える『社長になるための3つのチェックポイント』」

上記の中で、興味をお持ちのインターンシップにご参加ください!
インターンシップURL https://peraichi.com/landing_pages/view/happyrecruit
写真

PAGE TOP ↑