就活生向け応援コラム 第4回 どのような就活準備をしたらいい?【2】

応援

Q2.サークルや部活に入っていません。その場合どういったアピールをすれば良いですか?

面接官がサークル活動や部活のことを聞く目的は、あなたが集団のなかでどのような行動をしてきたかを聞きたいからです。
リーダーシップ、リーダーを支える参謀、縁の下の力持ち的な調整役、事務方などいろいろな役割があります。また先輩・後輩とのつながり、外部の関係者との折衝などもあるでしょう。こういった経験の有無とそこから何を学んだのかをアピールすると、この質問については合格です。  

さて、質問は「サークル、部活に入っていないのでどうしたら」ということですね。
大学内のサークル・部活に限定する必要はないでしょう。地域での活動や仲間が集まったグループでの活動、家族・親戚などとの旅行でもいいです。
団体で行動するときに自分はどういった役割をしていたかを思い出してください。
そこから自分の(団体行動における)行動特性が見えてくるでしょう。
もっと砕けて、「想定外のことを楽しむタイプ」、「あらかじめきっちり計画を立てるタイプ」、「自ら選択肢を提案するタイプ」、「様々な意見を調整するタイプ」などの行動が浮かんできませんか。

画像

単に「サークル、部活に入っていませんでした」と答えて終わりにならないように、具体的な団体行動のこととそこでの自身の行動特性を発表できるように準備しておきましょう。

「3:今のうちにどのようなスキルを磨けば面接で「おっ」と思ってもらえますか?」はこちら。

【プロフィール】

履歴書

Jerry O. (大庭 純一)
1956年北海道室蘭市生まれ、小樽商科大学卒業。静岡県掛川市在住。
ドラッカー学会会員。フリーランスで、P.F.ドラッカーの著作による読書会、勉強会を主催。
会社員として、国内大手製造業、外資系製造業、IT(ソフトウェア開発)業に勤務。
人事、総務、経理などの管理部門に携わる。採用は、新卒、キャリア、海外でのエンジニアのリクルートを担当。
面接を重視する採用と入社後のフォローアップで、早期離職者を出さない職場環境を実現させてきた。

*Jerryとは:以前、外資企業に勤めていたことがあります。アメリカ人の社員たちは社内でも、お互いを「姓」ではなく「名」の方で、それもニックネームで呼び合います。Jun’ichiという名前は長くて発音しづらい、覚えられないということで「お前はJerryということでよろしく」となり、つけられた呼称です。体もあまり大きくないので“Tom & Jerry”のJerryのイメージもあったのでは?厳しい仕事をしながらも、このような職場内の人間関係を楽しいものにしていくAmericanなスタイルは、日本の職場でも学ぶところがありますね。

PAGE TOP ↑