明石石油株式会社

「えっ?社長と社員が毎朝“握手”?」、はい!そんな明るく風通しの良い明石石油は
1900年の創業以来、石油製品の供給を軸に、静岡県西部地域の産業を支え
“安心安全”“快適で豊かな暮らし”といった「当たり前の幸せ」を提供し、地域を明るく元気にし続けている。
地域を愛し、愛される喜びを感じながら、活き活きと働ける会社だ。

メンバー紹介

メンバー紹介

社長インタビュー

写真

1. 社長の会社・仕事に対する想いをお聞かせください。
会社の主役は「社員」です。現場の第一線で頑張ってくれる社員が、常にやりがいを感じ、生き生きと仕事をしてくれているのが一番だと考えています。
ですから、仕事を通じ、人間的に成長できる環境を整えていくのが私の一番大事な仕事だと考えています。

2. 貴社の強みは何ですか?
風通しが良く、社員同士とても一体感があり仲が良く、仲間を大切にする雰囲気があります。

社内で月に1回、「理念勉強会」を開催しています。この勉強会は社員全員をグループ分けし、 自分なりの意見や感想を発表するというものです。
グループは仕事内容も職場も違うメンバーで構成されているため、普段はあまり会うことはないのですが、この勉強会を開催するようになってから、私も含め、部署の垣根を越えて会社を良い方向にしていこうと協力し合える「一つの仲間」になってきましたね。

3. 人材育成のために社内で取り組んでいることを教えてください。

写真

私の尊敬する京セラの稲盛和夫氏の書籍を元に、私から社員に毎日メッセージを送っています。「理念勉強会」はこれを教材にして、「働き方、生き方」について考え、意見交換をする場です。お互いを知り、関わりが生まれることで人間力が磨かれていく、そしてそれを続けるうちに、大切なことが心に刻まれ自然に行動が変わっていく、ということを目的としています。
社員が「幸せ」を感じられる様、仕事を通じて「豊かな心」を育んでいける土壌づくりをしていきたいと思っています。
社員の成長のための投資は惜しみません。社外研修も、みな自発的に頑張ってくれていますし、私自身も日々勉強しています。

4. 社長が仕事や経営で大切にされていることを教えてください。

経営理念です。仕事に取り組むうえで、大切な価値観を示しています。
社是は「忘己利他」。自分のことよりも、人に喜ばれることをしましょうという意味です。

写真

また、経営理念の中で「誠実、情熱、協調、創意工夫、凡事徹底」の5つの行動基準を定めています。言っていることは簡単に理解できることですが、行動するのは難しいものです。
「忘己利他」もまた、自分が大変なときや辛いときにそうできるか、というと簡単なことではありません。私もまだまだ。だからこそ常日頃意識して、勉強会などを通じて反省し考える機会を持つことが大切だと思っています。

写真

5. 一緒に働きたいと感じる人はどんな人ですか?
経営理念の価値観や、人生観に共感してくれる方ですね。そういう生き方をしていきたい、仕事を通じて人間的に成長したいという意欲がある方と一緒に働きたいと思っています。

性格としては「素直さ」を持った人。素直な人は、成長のスピードも速いです。
そして、「行動力」が必要です。どれだけ立派な知識や能力を持っていても、行動力がなければ結果はゼロ。環境変化が激しい現代ですが、行動力のある人は変化に対応できる人だと思います。

6. 社長の夢を教えてください。
「社長」という立場は、社員やその家族など、多くの人に影響を与える存在です。
経営=お金儲けではありません。経営でたくさんの人を幸せにし、世の中をもっと良くしていきたい。
一人でも多くの人に良い影響を与え、「社長と出会って自分の人生が良くなった」と言ってもらえるくらい、人の役に立ちたいですね。そしてその人がまた、周りに良い影響を与えていく……。この世の中に、良い種を蒔いていけたらそれが私の幸せです。

7. 貴社の今と今後の方針・ビジョンを教えてください。
弊社は、地域とともに成長発展してきた会社です。これからも感謝の気持ちを忘れず、地域に貢献していきたい。それが使命でもあると考えています。
この地域も少子高齢化で人口が減少し、地方都市として大きな問題を抱えています。そんなときだからこそ、中小企業が元気でいなければなりません。地域の人たちのお困りごとやお悩みごとを解決し、地域に元気と活力を与えていきたい。そして社員も同じ思いで地域に貢献し、その仕事に誇りをもって進んでほしいと思います。

8. 学生へメッセージ、就活アドバイスをお願いします。
合同会社説明会や個別説明会で「社風」を感じ取ることが大切だと思います。100社あれば100通りの社風があります。
いろいろな企業を見られる就職活動中にできるだけ多くの会社との接点を持ち、社風を感じ取ってみてください。
数字で表されるデータではなく、社員が醸し出すもの、社長の雰囲気、社長と社員の関係性など、目には見えないものに触れた感覚を大事にし、妥協せず自分で納得した道を信じて進んでください。
皆さんが幸せになれる良い会社に出会ってほしいです。がんばってください。

写真

先輩インタビュー1 【2016年入社】
森田 悠斗さん
 経営学部 スポーツ経営学科卒
営業部 営業1課

写真

1.入社の動機を教えてください。
就職を考えた際、ずっと柔道をやっていたこともあり体を動かす仕事も考えました。
しかし、若い頃はそれで良くても、長い目で見ると体だけでなく「知識」を使いながら「体」も動かす仕事がいいと考え、真っ先に浮かんだのが営業職でした。
明石石油の説明会に行った時の第一印象は「いいな!」(笑) そのあと何回か訪問しましたが、社内の雰囲気が良いと感じました。人事の方々も接しやすく、この人たちがいる会社なら大丈夫だと思ったのが入社の動機です。

2. 現在の業務内容と一日の仕事の流れを教えてください。
主に車の部品を作っている工場へ営業に行っています。お客様とさまざまなお話をするなかで、現在使っている機械油や燃料油といった石油製品の情報を伺い、お客様のメリットになる提案をしています。コスト削減だけではなく、省エネや環境改善、機械の寿命をのばすことにつながるご提案です。
1日に回るのは3~4社。多いときで7社ほど訪問します。今は30社くらいを担当していますが、先輩には130社ほど担当する方もいます。

3.仕事の面白み・やりがいについて教えてください。
いろいろな方とお会いして話すのが面白みのひとつです。十人十色という言葉がありますが、本当にその通りですね。ちょっと苦手なタイプの方もいれば、とても気の合う方もいて、中には食事に誘ってくださる方もいらっしゃいます。

以前初めて伺った工場で、植木の手入れをしている方がいて、普通に会話をしていたら実は社長だった!ということもありましたよ。

4.職場の雰囲気や働く環境について教えてください。
上司も後輩も仲が良く、みんなで和気あいあいと楽しく仕事をしています。もちろん締めるところは締めて、盛り上げるところは盛り上げて。お互いがそうなれる雰囲気を作り合っている環境です。
飲み会も大いに盛り上がりますよ!

5.仕事で大変だったことはありますか?そのときは、どう乗り越えましたか?
飛び込み営業した先で怒鳴られたことがありました。何を説明しても「帰れ!」と。何度行っても怒鳴られてばかりだと、正直もう行きたくないとも思います。それでも数回足を運んでいれば最終的に話を聞いてくれ、良い結果につながったことが多いのも確かです。怒られるのは関心を持ってくれているからこそなのです。
話していくなかで、相手のことをいろいろ知り、意外な一面に気づくことも多々あります。その過程がとても大事だと思っています。

写真

6.仕事で心がけていることや努力していることはありますか?
人間関係の構築、でしょうか。
話さえする機会が持てればいろいろ分かり合えることもありますが、話ができなければどうにもなりません。
まず話をしてみたいと思ってもらえるよう、挨拶など第一印象を大切にしています。名前を覚えてもらうなんて後でもいい。とにかく「でかくておもしろいヤツ」でもいいので、印象に残るよう心がけています。
それがきっかけとなり、話が進めば万々歳ですね。

7.この仕事で身についたスキルや成長できたことを教えてください。
研修のあと3ヶ月ほど先輩に同行し、仕事の基礎を教わりました。研修で学んだことに加え、日々の業務で知った一つ一つがスキルになっていくのだと思います。
私は人見知りだったので、友人からは私が営業だと言うと「意外だね」と言われます。社会人としての言葉遣いなど、コミュニケーション能力は成長したと感じます。

8.将来の目標を教えてください。
まだまだ先輩に聞くことも多いので、当面の目標は一人前の営業マンになること。
そろそろ後輩もできはじめたので、先輩から教わったさまざまなことを後輩に伝え、頼られる先輩になりたいです。

9.就活生にアドバイスをお願いします。
私も初めはそうだったのですが、会社の大きさや給料など、企業の概要で判断してしまいがちではないでしょうか。
そこも大切かもしれませんが、毎日働く職場ですから、人間関係や社内の雰囲気など、概要以外のところが大きく関わってきます。決して資料だけで判断せず、気になった会社には何度も訪問してみてください。
私も当社に入社する前に、営業に同行させていただいたことで会社の雰囲気を理解し、ここだと決めました。その決断は正しかったと感じています。

先輩インタビュー2 【2016年入社】
匂坂 友章さん  
海洋学部 海洋生物学科卒
営業部 営業1課

写真

1.入社の動機を教えてください。
食品メーカーに1年半務めたあと、3年ほどアパレル関係でアルバイトをしていたのですが、当時交際していた妻と結婚の話が出て、正社員で働きたいと考えました。
そのときに明石石油と出会い、仕事の内容も雰囲気も自分に合っていると思い、入社を決めました。

2.現在の業務内容と一日の仕事の流れを教えてください。
工場用の潤滑油や燃料油など、石油製品の提案・販売を担当する営業職です。
商品を「売る」のはもちろん、お客様の困りごとをお聞きし、実際に現場(工場内)に入れてもらい、問題点や改善すべき点を見つけ出していきます。
お客様からの緊急対応も多く、1日の決まった流れはありませんが、基本的には朝からずっとお客様の会社を回り、夕方に帰社して、提案書やお見積を作成します。伺う件数も日によって異なり、顔を見せに行くだけだったり、恋愛相談を受けたりすることもあります(笑)


3.仕事の面白み・やりがいについて教えてください。
お客様といろいろな会話ができることがとても面白いですね。恋愛相談もそうですが、仕事とはまったく関係のないことや他愛もない話をしてくださると「心を開いてくれたな」と感じます。
心を開いてもらい仲良くなり、現場に入らせてもらって初めて重要な問題に気づくことも多くあります。とは言えまだまだですけどね。

4.職場の雰囲気や働く環境について教えてください。
みんな仲が良いですね。話しにくいような内容の事でも、上司にちゃんと伝えることができる関係性です。「報・連・相」(報告・連絡・相談)もしっかりできているので、とても仕事しやすい環境です。

5.仕事で大変だったことはありますか?そのときは、どう乗り越えましたか?
正直言って、ないです(笑) 大変だとしても「仕事だから当たり前」と考えられるタイプなんだと思います。逆に褒められても一喜一憂せず、「凡事徹底」(あたり前のことをあたり前にコツコツやること、当社の行動基準の1つ)を心がけています。

写真

6.仕事で心がけていることや努力していることはありますか?
お客様に元気に笑顔で対応する、これに尽きます!
「いつも元気でニコニコしているね」と言っていただけるのは、バイトで培った接客スキルのおかげですね。

7.この仕事で身についたスキルや成長できたことを教えてください。
経験を積むうちに、お客様が話している内容を理解するスピードや、問題に対する改善点に気づくのは速くなったように思います。
これは本当に経験がモノを言います。先輩たちはスゴイですよ!

8.将来の目標を教えてください。
実は人事に関わってみたいと思っています。
私は転職してこの会社に入ったのですが、最初の就職活動がうまくいかなかった自分だからこそ、携わってサポートしたいという気持ちがあるからです。
これから学生の皆さんと、会社説明会などでお会いできる機会があるかもしれませんね!

9.就活生にアドバイスをお願いします。
「あんまり悩まないで」という言葉を贈りたいと思います。
「笑顔」「行動」「相談」が重要ですよ!

先輩インタビュー3
佐々木 健二さん
ライフクリエイト事業部
ホームエネルギー課 課長代理

写真

1.ライフクリエイト事業部の仕事内容について教えてください。
ライフクリエイト事業部は、プロパンガスを通したエネルギーの安心安全、安定供給を担っています。また、ガス機器の販売や点検のほか、空調機器(エアコン等)や住宅設備(キッチン・トイレ・バスなど)の販売も行っています。「地域のなんでも屋さん」という意識で仕事をしています。
この事業部には4つの課があり、私は一戸建てに住むお客様を担当する「ホームエネルギー課」に属しています。1年に1度は必ずお客様宅を訪問し、ガス機器の無料点検をするSS(セキュリティサービス)活動を行っています。その中で、お客様が気になっている箇所のお掃除を1ヶ所無料で行う「プラスワンサービス」をしています。直接的に利益になるわけではありませんが、お客様にはとても喜んでいただけて、信頼関係を作る大切な活動です。

2.一日の仕事の流れを教えてください。
朝礼のあと、10分ほどの課内ミーティングで昨日の振り返りと当日の行動予定を共有します。その後、それぞれがSS活動をスタート。1日に4件ほど回っています。
私はプレイングマネージャーなので、ほかのメンバー同様にSS活動を行った後、提案書を作成したりメンバーの日報に目を通し、アドバイスを書き込むなどしています。

3.貴社で働く魅力は何ですか?また、貴社の良さはどんなところだと思いますか?
特に私の部署は、お客様の笑顔を一番間近で見られることが魅力です。お客様に喜んでもらえることが、私自身の喜びですね。
弊社全体の良さは、新しい取り組みも自由にやらせてもらえる風土ですね。型にとらわれず、現場の考えを重視してくれますので、新しいことも、理由や方向性が間違っていないと判断されればすぐにGOサインを出してくれます。例えそれが会社の「売上」に直接つながらなくてもです!実は「プラスワンサービス」も私の発案なんです。

人間関係の良さも魅力ですね。社長も上司も、一緒になって盛り上がります。もちろん仕事と仕事以外のメリハリは大切にしていますが、それがまた良い雰囲気を生んでいると思います。

4.課長代理としての仕事内容を教えてください。
仕事内容というよりポリシーですが、とにかくお客様が喜んでもらえることを、みんなができるようにしていきたいですね!「課長代理」という役職ではありますが、私はほかのメンバーと一緒にやっていく仲間。みんなで「お客様に喜んでもうため」に取り組めるようアドバイスをしています。お客様に「明石石油は良い人ばかりですね」と言われたいですね!

5.今力を入れていること、そして目指していることは何ですか?
やはり、「お客様に喜んでいただくこと」ですね!これは永遠のテーマです。
最初は満足していただけても、次回はそれが普通になってしまう。ずっと満足していただくには、お客様の期待値を少しずつ超えていく必要があります。だからこそ「永遠のテーマ」なのですが、お客様に満足いただける様に努力することが、私たち自身の成長につながると思います。

それから、いずれは「家のスペシャリスト」になりたいですね。屋根、空調、外構……何を相談しても「家のことなら明石石油さんに頼めば大丈夫!」と言ってもらえるようになりたいです!

写真

6.どんな人に入社してほしいですか?また、どんな人と一緒に働きたいですか?
ただひとつ「やる気」のある人ですね。
技術はいくらでも教えられます。コミュニケーション能力なども、後から何とでもなります。ただ、「やる気」がなければどうしようもありません。
エネルギー業界で頑張って行こう!その思いがあれば十分ですし、「大変なこともあるけど楽しいよね」と、仕事を楽しみながら働きたい人には弊社はぴったりです。そういう環境がすでにあります。


7.学生へメッセージ、就活アドバイスをお願いします。
ビッグネームに惑わされず、自分がやりたいと思える仕事に就いてください。
経営理念に共感したり「おもしろそうだな」と思えたり、興味を感じることにはやる気も出るし、それが頑張る材料にもなります。反対に、そうじゃないとやりがいを見出すことは難しいと思うのです。
自分に合っているな、仕事が楽しそうだなと思える会社を見つけてください。

SJCナビ2019

Copyright © Shushoku Joho Center Co.,Ltd. All rights reserved.